妊娠中、妊活中の脱毛

妊娠中、妊活中の脱毛

近年「妊活」に励んでいる女性も増えています。妊活中は日々の生活のあらゆる事柄に気を使いますね。では妊活中の脱毛は問題ないのでしょうか?脱毛によって妊娠しにくくなったりするのでしょうか?そして妊娠中の脱毛はどうでしょうか?

妊活中の脱毛はNG?

妊娠中の脱毛は禁止しているところがほとんどです。では妊活中はどうでしょうか?基本的に妊活中は施術が可能です。また施術を受けたからといって妊娠しにくくなることもありません。脱毛時に使用するレーザーが子宮に影響を与えるんじゃないか?と思う方もいるかもしれませんが、実際のところはレーザーによって支給や卵巣に影響を与えるということはありません。ですから脱毛が妊活に影響するということはありません。

妊娠中の脱毛はNG?

妊娠中の脱毛はおすすめできません。なぜなら妊娠中はホルモンバランスの影響から肌が敏感になっています。普段使っている化粧水が合わなくなったり、発疹が出やすくなったり、色素沈着しやすくなったりします。そんな時に脱毛を行うと肌トラブルを起こす可能性が非常に高くなりますね。ですから妊娠中は脱毛しない方が良いといわれています。またホルモンバランスの影響で体毛にも変化が生じます。ふだんは生えない部分から毛が生えてきたリ、一時的に体毛が濃くなったり、薄くなったりします。ですから妊娠中は脱毛効果が出づらいので、産後落ち着いてから脱毛再開する方が良いといえるでしょう。また施術中の体勢が母体に負担をかけることがあるかもしれません。妊娠後期でしたらうつ伏せはできませんし、頻繁な体制を変えることはストレスとなりますね。

授乳中もNG?

授乳中も脱毛を断るサロンは多いです。なぜでしょうか?なぜならやはり授乳中もホルモンバランスが崩れがちですので、肌が敏感になっていて施術による肌トラブルが起きやすいからです。授乳中に増えるプロラクチンというホルモンは母乳が出やすくする働きがありますが、体毛を濃くする作用もあるので、授乳中も脱毛効果が出づらいといえます。

まとめ

妊娠中は脱毛効果が出づらいことや肌が敏感になっているので、肌トラブルのリスクを避けるために断っている脱毛サロンがほとんどです。脱毛の光が胎児に影響を与えるからという理由ではありません。ですから妊娠がわかった時点で中断すれば大丈夫です。しかしどうしても不安だという方はストレスにならないためにも、妊活中も中断しておけば安心ですね。