全身脱毛と永久脱毛

全身脱毛と永久脱毛

脱毛サロンの全身脱毛と永久脱毛は同じなのでしょうか?実は脱毛サロンでの脱毛は永久脱毛とは呼べないのです。では脱毛サロンの脱毛と永久脱毛は何が違うのでしょうか?その違いについて見てみましょう。脱毛選びの参考にされてください。

永久脱毛とは?

そもそも永久脱毛とは何でしょうか?実は日本には永久脱毛の定義がありません。しかし永久脱毛と聞くと、生涯ムダ毛が生えてこないイメージがありますね。アメリカの政府機関FDA(米国食品医薬品局)の定義によると「レーザーを3回照射後6ヶ月経過した時点で67%以上の毛が減っている」状態であれば永久脱毛として認めています。つまり100%ではないのです。しかも1年後、2年後にまた毛が生えてきても永久脱毛ということができるのです。

永久脱毛は医療機関のみ

「永久脱毛」という言葉を使うことができるのは医療機関のみです。クリニックで行う脱毛は医療レーザー脱毛やニードル脱毛をあげることができます。どちらも毛母細胞、毛乳頭を破壊し、毛が生えないようにします。この組織を壊すという行為が医療行為にあたるので、医師免許を持たない人は永久脱毛ができないのです。一般の脱毛サロンで毛根を破壊する脱毛行為は法律違反となります。ですから永久脱毛は医療機関でのみ行うことができるのです。

脱毛サロンの光脱毛は何?

脱毛サロンの光脱毛も原理は医療レーザー脱毛と同じです。しかし毛根組織の破壊はできないので、ダメージを与える程度の脱毛を行います。ですから施術時の痛みは少ないですし、肌にもやさしいと言えるでしょう。徐々にムダ毛が目立たなくなってきます。しかし組織を破壊できませんから、しばらくしたらまた毛が生えてくることがあります。ですから考え方としては永久脱毛ではなく、「減毛」「除毛」という考え方の方があっているのかもしれませんね。また脱毛サロンの光脱毛はまだ歴史が浅いため脱毛に関するデータが少ないのです。実際光脱毛で毛が生えなくなったという方は多くいますが、その歴史はまだ10年そこそこです。何十年先はどうなっているかまだわかりません。そのような意味でも脱毛サロンの光脱毛は永久脱毛とは言えないのです。

まとめ

医療機関の永久脱毛は効果が高い分費用が高いのがネックです。その点脱毛サロンの全身脱毛は月額1万円以下で施術ができ、長く続けることで永久脱毛のような効果が実感できるので、人気が高いですね。お得に全身脱毛したいという方には脱毛サロンの全身脱毛がおすすめです。