脱毛中の肌ケア

脱毛中の肌ケア

脱毛期間中は保湿ケアが欠かせないというのは周知の事実です。多くの方が知っていますね。でもどうして「保湿」が大切なのでしょうか?保湿の仕方はどうしたらよいのでしょうか?脱毛と保湿の関係について見てみましょう。

脱毛中の保湿のメリット

保湿によって十分水分のあるお肌は脱毛効果が高まります。光の浸透力が高まるので、ムダ毛が抜けやすくなるのです。乾燥肌の場合光の出力を下げた施術となるので、効果が弱まってしまいます。乾燥がひどい場合は施術自体受けることができないこともあります。また保湿された肌の場合、施術の熱の影響を受けにくいため、痛みが軽減します。熱ダメージによるやけどや赤み、ほてりといってリスクも軽減されます。保湿することで皮膚のきめが細かくなり毛穴も目立たなくなります。乾燥によるターンオーバーの乱れは埋没毛の原因ともなるので、しっかり保湿をすることで埋没毛を予防することもできます。

保湿ケアの仕方

脱毛したからといって特別なローションが必要ということはありません。普段使っている化粧水でしっかり水分を補って、保湿クリームなどの油分で蓋をするように整えるようにしましょう。脱毛サロンの販売している高いローションをわざわざ買う必要はありません。安い市販のものでも自分の肌に合う化粧品で十分です。
施術した日は特に肌がデリケートになっています。念入りな保湿が必要ですが、肌が弱っている状態ですので、なるべく刺激の少ない化粧品を使用するようにしましょう。

おすすめ脱毛サロンの保湿ケア

各サロンともに保湿ケアには力を入れています。脱毛ラボでは施術前・中・後と3回パックをしてくれます。キレイモではオリジナルの引き締め効果のあるローションを仕上げに使用しています。保湿のみならずスリムアップ効果も期待できるのです。ミュゼでは仕上げにプラセンタエキスの配合されたミルクローションでトリートメントしてくれます。脱毛と潤いをケアしてくれます。銀座カラーは皮膚科医との共同開発した美肌ローションのミストシャワーで徹底保湿をしてくれます。シースリーでは施術時にヒアルロン酸配合ジェルを使用し、施術後には独自開発のイソフラボン配合クリームで保湿と抑毛をしてくれます。アフターケアが気持ちが良いと評判の良いサロンが多いです。

まとめ

脱毛後のお肌はとてもデリケートになっています。乾燥しやすくなっているので、保湿はとても重要です。保湿は脱毛効果を高めますし、肌トラブルのリスクを軽減させます。脱毛期間中はいつも以上にしっかり保湿をしましょう。安くてもたっぷり使える化粧水やクリーム、ジェルでも十分です。