脱毛中の禁止事項

脱毛中の禁止事項

多くの脱毛サロンでは施術前日や当日の飲酒を避けるよう促しています。なぜ施術中の飲酒は良くないのでしょうか?同じ嗜好品でもたばこはどうでしょうか?では脱毛と飲酒や喫煙の関係について見てみたいと思います。

脱毛期間中の禁酒がおすすめの理由

脱毛期間中は禁酒をおすすめします。まずアルコールを摂取すると新陳代謝が低下して肌が乾燥することがあります。またアルコールを摂取するとアルコールを分解するために、アセトアルデヒドが発生します。これは血管を拡張して血行を良くします。脱毛前に飲酒をするとこれらのことが生じます。ですから飲酒後の施術で赤みや炎症、かゆみといったトラブルが起こりやすくなってしまうのです。脱毛後の飲酒も同じです。飲酒によって血行が良くなり、体温が上がることで炎症やかゆみが起こりやすくなります。人によって個人差がありますが、施術前日と当日は禁酒をおすすめします。もしも肌に違和感を感じている場合は、しばらく禁酒した方がよいでしょう。もしも施術前日に飲酒したとしたら、施術の出力を低下させることもできますが、その分効果も下がってしまいます。ですから最低でも施術前日と当日は禁酒しましょう。

脱毛期間中の禁煙がおすすめの理由

脱毛サロンでは「禁煙してください」とは言いません。しかしタバコを吸うことによって脱毛に影響があるといえます。一つは喫煙によってビタミンCが不足します。ビタミンCは肌作りに欠かせない栄養素ですが、不足すると肌が栄養不足になって脱毛効果を低下させてしまいます。また喫煙は食欲も低下するので、実際に肌が栄養不足になります。そして喫煙はホルモンバランスを崩すため、毛周期が狂って脱毛効果が低下します。ホルモンバランスの乱れはムダ毛を濃くすることもあります。これらの理由から脱毛中は禁煙をおすすめします。

まとめ

お酒もたばこも嗜好品ですので、好きな人にとって控えるのは難しいかもしれません。しかし喫煙や飲酒が脱毛に与える影響を考えると、少しの期間は我慢が必要になるといえるでしょう。施術前日や当日は禁酒、施術期間中は禁煙もしくは本数を減らすなどできるといいですね。